現役コンサルの1秒でも早く帰りたいブログ

激務代表経営コンサルが1秒でも早く帰る方法を実践、共有するブログ。

仕事が早く終わらないのは、仕事をしていない時間が長いからだ

この記事をシェアする

仕事はどうすれば終わるのか

 

会社から早く帰宅するにはどうすればいいだろうか。当然ながら、業務をサクっと終わらせることだ。では、業務をサクっと終わらせるには?

その日の必須業務を因数分解してみよう。

その日の必須業務=単位時間当たりの必須業務をこなす量×時間

となる。

つまり、

  1. 効率を上げる
  2. 時間を多くかける

このいずれかの方法で仕事は早く終わるのだ。

今回は、②時間を多くかけることについて取り上げる

 

効率よくこなすなんて難しい

 

すごい勉強法!すごい集中術!

こんな題材の本が、最近は書店ではよく並ぶ。当然上記①効率を上げるを実行すれば、仕事は早く終わり、家に帰れる。だが、昨日まで持っていなかった集中力がいきなり身につくであろうか。

それよりも②時間を多くかける、方を考えた方がよいのではないか。

 

本当の仕事時間

 

当たり前だが、本当に時間をかけていたら、早く帰れない。

私が言いたいのは、

「業務時間のうち、本当に仕事をしているのはどれくらいか」

ということだ。

一日の業務時間のうち、意味のある作業をしているのはどの程度だろう。ぼーとしている時間、考えている(気分になっている)時間、誰かと話している時間、悩んでいる時間。100%仕事に集中している時間はどの程度だろうか。

 

癖を直す

 

つまり、うだうだ言ってないで、サクっと仕事を終わらせたいのであれば、サクっと仕事に取り掛かり、休憩はサクっと終わらせて、有無を言わず仕事をこなせばよい。何時になったら、ではなく今。これは後でやろう、と思ったら今。必ず何か「意味があること」をやる時間を作るのだ。

誘惑になりそうになったら思い出してほしい、また、誘惑に負けてしまったときも。君はもとからそんなぐーたらな奴なんかじゃない。それはただ、癖、なのだ。

 

まさに今

 

ふと手が止まった時、スマホで遊んでいた時、ぼーっとした時、すぐに手を動かして欲しい。その連続を繰り返すことで、君の仕事はなぜか、いつもよりも早く終わっている。

ももちろん、今日から試す。さて、この後はぐーたらせずに、すぐに風呂に入ろう。

 

今日も、提示帰りファースト