現役コンサルの1秒でも早く帰りたいブログ

激務代表経営コンサルが1秒でも早く帰る方法を実践、共有するブログ。

仕事が早く終わらないのは、仕事をしていない時間が長いからだ

仕事はどうすれば終わるのか

 

会社から早く帰宅するにはどうすればいいだろうか。当然ながら、業務をサクっと終わらせることだ。では、業務をサクっと終わらせるには?

その日の必須業務を因数分解してみよう。

その日の必須業務=単位時間当たりの必須業務をこなす量×時間

となる。

つまり、

  1. 効率を上げる
  2. 時間を多くかける

このいずれかの方法で仕事は早く終わるのだ。

今回は、②時間を多くかけることについて取り上げる

 

効率よくこなすなんて難しい

 

すごい勉強法!すごい集中術!

こんな題材の本が、最近は書店ではよく並ぶ。当然上記①効率を上げるを実行すれば、仕事は早く終わり、家に帰れる。だが、昨日まで持っていなかった集中力がいきなり身につくであろうか。

それよりも②時間を多くかける、方を考えた方がよいのではないか。

 

本当の仕事時間

 

当たり前だが、本当に時間をかけていたら、早く帰れない。

私が言いたいのは、

「業務時間のうち、本当に仕事をしているのはどれくらいか」

ということだ。

一日の業務時間のうち、意味のある作業をしているのはどの程度だろう。ぼーとしている時間、考えている(気分になっている)時間、誰かと話している時間、悩んでいる時間。100%仕事に集中している時間はどの程度だろうか。

 

癖を直す

 

つまり、うだうだ言ってないで、サクっと仕事を終わらせたいのであれば、サクっと仕事に取り掛かり、休憩はサクっと終わらせて、有無を言わず仕事をこなせばよい。何時になったら、ではなく今。これは後でやろう、と思ったら今。必ず何か「意味があること」をやる時間を作るのだ。

誘惑になりそうになったら思い出してほしい、また、誘惑に負けてしまったときも。君はもとからそんなぐーたらな奴なんかじゃない。それはただ、癖、なのだ。

 

まさに今

 

ふと手が止まった時、スマホで遊んでいた時、ぼーっとした時、すぐに手を動かして欲しい。その連続を繰り返すことで、君の仕事はなぜか、いつもよりも早く終わっている。

ももちろん、今日から試す。さて、この後はぐーたらせずに、すぐに風呂に入ろう。

 

今日も、提示帰りファースト

現役コンサルの1秒でも早く帰りたいブログについて

本ブログは、現役コンサルの著者が、残業をできる限り無くし、1秒でも早く帰る方法をまとめ、実践するブログです。

実践した内容は週に一回報告します。

一方で、著者自身の方法論にも限りがあるため、ぜひ読者の皆様方にも様々な方法をシェアいただければ幸いです。

親ブログもよろしくお願いいたします。

consul-memo.com

 

目的

各種手法を用いて、1秒でも早く帰る(業務を終わらせる)ことを目的とする。

そのために

  • 1秒でも早く帰る(業務を終わらせる)方法をまとめること
  • 上記を実践してレポートすること

を実施する。

もしシェアいただけるようでしたら、以下も行う。

  • 読者の皆様方からシェアいただいた効率術を実践し、レポートする

 

背景

日本の労働時間は、諸外国と比較してかなり長い。筆者の所感ではあるが、人間が労働に適する上限をはるかに超えた労働時間であると感じている。

コンサルティング業界はその中でも最たるもので、睡眠時間が6時間を切ることはザラ、ひどい場合には,2,3時間程度しか睡眠時間を確保できないこともある。(世論の流れや働き方改革によって改善傾向にある。)

一方で、とある調査では、労働時間が短いほど生産性が高いという統計も打ち出されている。こころのどこかで感じていたことが事実だったようだ。では、なんのために無駄に長時間働いているのか。そこに明確な意味はないような気がするのだ。ただ、何か本質ではない、重要でない何かに縛られているだけで。

 

人生とは何だろう。唐突なように思えるが、一日あたり十数時間を仕事に費やしている身からすれば、人生=仕事に思えてきて、その方程式を肯定することは本当に正しいのだろうかと疑問を持ってしまう。

私は、少なくとも今のコンサルティングという仕事が、=人生となるようなことはないと思っている。だから、如何にして残業を無くして、別の時間に割り当てるかが重要であると考えるようになった。(ちなみに、辞めれば解決という意見もあると思うが、辞めるには様々な制約が付きまとう。)

 

そこで、残業を如何にして無くし、本当の人生を取り返すために立ち上げた秘密基地が本ブログである。自分自身のためのブログではあるが、本ブログの内容が皆様の人生の充実に少しでもお役に立てれば幸いである。